咳の種類

ちこの咳をよくよーく観察していると2種類あることがわかる。

一つ目は、ケッケッケッと数回苦しそうにした後、
最後に毛玉でも吐くかのようにケーーッとなる咳。
いかにも苦しそうで喉が痛そうな咳。

もう一つは、口は閉じたまま、咳が出そうで出ない状態で胸と肩を動かす感じ。
喉だけで咳を逃してる感じの咳。
わかるかなぁ?

で、それら2種類の咳は、するタイミングがまったく違う。

一つ目の咳は、散歩に出た直後、散歩中に興奮した時、
部屋の中だと急に動いた直後、など。

二つ目の咳は、夜寝ているとき等の安静時に出る。

ちこの咳の原因と考えられるのは、
心臓(左心房)が肥大し、気管支を圧迫していること。
また、気管支の別の箇所につぶれたような変形が見られること。
この二つ。

左心房の肥大も気管支の変形も、前々回の心エコー検査時に撮ったレントゲンで判明。
気管支は、喉から奥、下がって湾曲した部分が少しだけ潰れていた。
これは心臓は関係なく、加齢とともにそういう形状になることがあるとの説明。

原因となる箇所が2つあり、咳の種類が2つある。
そのことが気になった私は、先生を質問攻めにした結果、

苦しそうで喉が痛そうな一つ目の咳は気管支の変形が原因、
二つ目の安静時に出る咳は、左心房の肥大により圧迫された気管支が原因、

おそらくそんな感じだと思う・・・という先生の説明を受けた。
誘導尋問により(笑)

なんとなくそういう感じがしていたので、
先生におそらくそうと言ってもらってスッキリ。
ただ単に咳と言っても違うんだもの。

ちこは一つ目の痛々しい咳のほうが回数が多い。
日中も起き上がった直後に咳き込んでみたり、散歩に出れば必ず咳をする。
咳をするときはやはり苦しいようで、かならず4本足で立ち上がって必死なのです。
もう喉スプレーとかのどアメをあげられたらと心底思う。

もちろん心臓に対するケアをして、心肥大を抑え気管支の圧迫を最小限に食い止めるのも大事だけど、
回数の多い気管支の変形からくる咳に対する治療をしてもいいのではないかと思い、
前回通院時に先生に聞いてみた。

心臓病のコで、気管支拡張剤を常用しているコもいるし、
咳がひどい時などにスポット的に使用しているコもいるとのこと。

ひとまずそれだけ聞いて帰ってきちゃったけど、
この調子で咳が続くようだったら、心臓の薬を増やす前にまず
気管支拡張剤を出してもらったほうがいいんじゃないかなぁという気持ち。
っていうか、気管支拡張剤の服用でどれだけ違いがあるかみたい。

ACE阻害剤であるフォルテコール、そしてニトロールを服用中の今、
さらに進行が見られた場合、次は利尿剤と言われている。

咳が出る以外、普段のちこは恐ろしいほど元気炸裂で、
散歩に出ればびょんびょん跳ねるし、おやつを見れば転がるように走ってくる。
そんな様子を見てると、利尿剤はまだ早いのではないかと思ってしまう。
いや、そう思いたいだけなのかもしれないけど。

来月あたりにまた心エコー検査を予定しているのだけど、
その前に1度お薬をもらいにいかなくてはいけないので、
その時に気管支拡張剤のことを相談してみようと思う。

そうこうしているうちに、季節の変化も落ち着いて、
咳も治まってたりしてたらいいんだけどなー
と淡い期待。


最近こんなことばっか考えているので基本暗い。
目に見える症状って、飼い主に与えるダメージ大。
でもまぁ暗くいたいときはいればいいじゃないか。
基本暗いと、ちょっといいこととか楽しいことがあると異様に盛り上がる。
その落差を楽しむがいいじゃないか。

意味もなくトイレの画像を載せてみよ。

d0034273_1305881.jpg
壁をたまごカラーに塗って、棚を設置してみたらとってもナイス。
ちょっと置ける棚ってべんりーーー。
[PR]
by little-apples | 2011-10-09 01:40 | 僧帽弁閉鎖不全症


ふつうがいちばん


by little-apples

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ちことつぶ
僧帽弁閉鎖不全症
電解質異常・発作(つぶ)
てんかん疑惑(つぶ)
マンションを買ってみた話
セルフリフォーム!
うまうまごはん
手作り石けん
つれづれ
おいしいもの
旅行
携帯より
お引越し
未分類

フォロー中のブログ

Under Dogs
つぶつぶ♪まめまめ
ちわわカフェ
ココごころ ~ココとハナ...
アナ の いちにち
やぎさんベーカリー*
ノムネル山での暮らし
クラランラン♪

リンク

以前の記事

2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
more...

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング